宿題って何でしょう?
こんにちは、立岡です。
今日は宿題について話したいと思います。

生徒の皆さんにとっては決して良い印象のない宿題。。。
これをやる意味はその日の授業のわかったところ、わからなかったところを再認識し
わかった!までもっていくことです。
つまり宿題は1度やって終わりではありません。
わからなかったところがわかって初めて終わりです。
もちろんすべての範囲が1度でわかるとは限りません。
わからなかったときは先生に質問してください。
その時「こんなことを聞いたら怒られちゃうかな。。。?」と悩む必要はありません。
むしろ質問を出す生徒さんはとってもやる気のある生徒さんだという印象を受けます。

一度だけのやりっぱなし宿題はやめましょう。
あくまでも自力で、自分のために、宿題をやりましょう。