こんちには、板垣です。

え?「こんにちは」じゃないですかって?
この間違いに気づいた方はすらばしい観察力ですね。
しかし、一旦指摘されれば、意識がつくられて間違いに気づくことができますよね。

授業をしていく中で、
「問題を読んでいない」「聞かれていることに答えていない」
といった生徒さんの答えに遭遇することが多々あまりす。

例えば、中2の連立方程式。
「今年の生徒数を答えよ」と聞かれているのに、
計算が上手くできて、「やったー!」という気持ちのまま
方程式の解の「去年の生徒数」を答えてしまうなど。
せっかく計算ができたのに、もっいたないなと思います。

前回、勉強の仕方の話をさせていただきましたが、
問題を読む力も一朝一夕には身につくものではありません。
2学期には学習内容がさらに難しくなります。
「問題文をよく読むこと」を意識して勉強をしてほしいですね。

※ここまで、「こんちには」のほかに3か所間違っているところがありました。
意識して気づくことができましたか?

※※間違いが4か所となっていましたが、3か所の誤りでした。
間違いを意識してなくそう!という記事を偉そうに書いていて恥ずかしい限りです。(追記8/27)