こんにちは、市原です。

皆さん、スマホはお持ちですか?
塾内でも送迎のためにスマホを持ってくる生徒さんが多くいますね。
便利ですよね。私も持っています。
今日はスマホのお話です。

先日、ある新聞の記事を読みました。
宮城県教育委員会が、県内の公立高校1・2年生を対象に、スマートフォンと学力の関係を調査したそうです。

平日のスマホ使用時間が「30分以上1時間未満」と答えた生徒の学力テスト正答率は、国語63.1%、数学55.3%、英語57.6%、
一方「5時間以上」の生徒の正答率は、国語47.3%、数学24.1%、英語35.9%という結果でした。

これは当然の結果で、スマホ使用時間と学力は反比例するということは、ずいぶん前から言われてきたことです。
私たち世代の人間は、小学生のころ、「ファミコンばっかりやってたら頭悪くなる!」なんて言われたものです。

スマホは便利ですが、便利すぎると使い方を誤った時にとんでもない害悪をもたらします。
スマホはゲーム、動画、マンガ、SNS…全ての力を持った最強の道具です。しかも持ち運び可能!
こんな道具を子どもが手に入れたら、とめどなく使い続けるでしょうね。

だからこそ皆さんにお伝えしたいことがあります。
「スマホの時間と場所を決めましょう!」

使用時間を決めずにベッドでスマホいじり。気づいたら夜中…。

勉強しているときにスマホを机の上に置く。友達からLINEが来た日にはさあ大変。勉強ストップ。延々とスマホを使い続ける…。

これはダメであることはわかっていますよね。でもできない。ならば家族間でルールを決めて、上手にスマホを使いましょう。