こんにちは、立岡です。
今回は勉強が嫌いな生徒が勉強をするようになった話をしたいと思います。

数年前に受け持っていた生徒さんですが
2年生の途中までは本当に勉強が嫌いで塾もさぼりがち。
3年生になったらどうなってしまうんだろうと思っていた矢先、
夏休みを前に自習に来る頻度が増え、ついには2月に前期試験に見事合格した生徒さんがいました。
何があったかというと月並みに行きたい高校が出来た、とのことだったのですが
この生徒曰く、やっぱり最後まで勉強はどちらかというと好きではなかった、とのことです。
ですが、目標の大きさと問題が解ける喜びで何とか我慢できた、と言います。
勉強が嫌いな生徒さんから見ると「勉強なんて何が楽しいんだ」と思ってしまうのも仕方ないかもしれませんが
勉強は楽しくてやるものではない、ということは初めから頭に入れておきましょう。
勉強をする労力と今後自分に必要なものを天秤にかけて正しい選択ができる判断力こそが
必要な力なのですね。