こんにちは。
立岡です。

はやいものでもう私立の受験の真っ最中です。
中3の皆さんはそれぞれ自分が受ける高校の対策を頑張っていることでしょう。
高校によってはもう結果が出ており一足先に進路を決定した生徒もいます。
そんな方々、おめでとうございます!!
どの生徒にとっても必死に勉強した中学3年のことはこれからの人生の糧になるでしょう。

そしてこの後公立の試験を控えている生徒に伝えておきたい言葉があります。
私立の受験がひと段落してなんだか気持ちが折れてしまった、という声が
毎年聞かれるのです。
本当は公立のどこかに行きたいけれどまぁいいか、と。
もちろんご両親とともにしっかりと考えた結果私立に進学する、というのは立派なことですが
妥協案として公立を受験しない、というのはネガティブな発想です。
春から夏から本当に頑張ってきた人たちにとっては3月まであと少しです。
ぜひ残りわずかな受験の戦いを乗り切り、
「全てを出し切った!」と胸を張って言えるようにしっかり頑張っていきましょう。