冨田です。

中3冬休みが終わりました。
生徒にとっては、今までで一番勉強した冬休みだったのではないでしょうか。

毎日授業があり、私立特訓があり、自習があり。
さらに大晦日、1/2 1/3と正月特訓もあり。
「家にいるより塾にいる時間のほうが長い」
「勉強している状態が普通の状態になってきた」
という声がたくさん聞こえてきました。

もちろん、生徒にとって大変なのはわかってやっています。
しかしこの時期に体も慣れてきて、勉強グセがついてきます。

わたしは受験の目的のひとつに、「自分の殻(から)を破る」ということを考えています。
今の自分の限界を少しずつ超えてみる。すると、自分の限界線が変わる。
勉強は筋トレに似ています。
今の自分に余裕のバーベルをもって10回上げ下げしても、筋肉はつきません。
今の自分に少しきついバーベルを持つことで筋肉が鍛えられます。
勉強も同じです。時間的な限界・能力的な限界。これを超えるには少しきつうないといけない。

これから高校受験を終えても、いろんな試練があります。
大学受験、就職試験、会社内でのいざこざ、昇進。。。
そのたびに、逃げずに努力できる人間になってもらいたい。
そんな気持ちで冬期講習を実施しています。

受験まであと少し!
必ずやりきる!