先日学真会では3回目の模試を行いました。
1回目から2回目は4月から8月でしたが
2回目から3回目は8月から11月。
だんだんとテストの感覚が狭まってきています。
これからは期末テスト、学年末テスト、私立高校の入試本番と
公立高校後期試験までずっとテスト期間ともいえるでしょう。

広いテスト範囲のテストの場合は地力、実力がものを言います。
言葉を単に覚えるだけではなく意味、使い方、由来まで。
公式を覚えるのではなく基本問題、発展問題で使ってみる、など。
一つ一つのことを自分の手足のように使えるようになることが
今までももちろんですがこれからも大事です。
勉強を受け身でなく前のめり前のめり!で
テスト範囲がこうだから、ではなく復習もかねて前のめり!で他の範囲まで。

ゴールは遠いようで近いです。
足元をしっかり踏みしめて進みましょう。

模試の結果は約1か月後です。