こんにちわ、立岡です。
本日8月27日、学真会では模試を行いました。

模試の結果はこの夏休みの積み重ねの結果です。
うまくいった人は勉強の仕方が掴めた人なのでしょう。
9月以降もその勉強法でどんどん知識と経験を吸収していきましょう。
そして2学期の実力、中間、期末も全力で頑張りましょう。
ここに良きスパイラルが生まれました。

では、うまくいかなかった、思うようにいかなかった人はどうなるでしょう。
青い顔をしている暇はありません。
今すぐにこれまでの態度、習慣、勉強方法を見直し、
2学期はこれまでの2倍、いや、4倍頑張らなくてはいけません。
しかしこれは今回の模試で自分の不出来に気づけた、
手遅れになるのを首の皮一枚で免れたとも取れるのではないでしょうか?
ここでも良きスパイラルが生まれました。

成功する人とはチャンスに恵まれた人ではありません。
一つの出来事をチャンスと思い込めた人です。
失敗する人とはチャンスに恵まれなかった人ではありません。
一つの出来事にふてくされ、人のせいにしてしまった人です。

みんなはどちらですか?
いや、どちらになるつもりですか?