みなさん、こんにちは。WING岩田清孝です。

本日(1月14日)は、雪が積もりました。これほど、積もったのは久しぶりではないでしょうか?寒さが身にしみますね。体調管理をしっかりしましょう。

本日と明日でセンター試験が行われます。これは、国公立大学に進学したい人は必ず受験しなければならないマークシートの試験です。小学生、中学生の皆さんはまだまだ先のことと思っていませんか?光陰矢のごとし。すぐに自分の番が回ってきます。
さらに、今の中学生と小学生の皆さんに大いに関係あるセンター試験改革が行われます。

今の中学2年生が受験する2020年度には、センター試験が廃止されます。それに代わって実施される試験では、まず、2020年度からは、マークシート式(選択式)に加え、記述式の試験も始まります。国語と数学を対象に、条件に従って数十文字以内で記述する形式になり、英語では、「書く」「話す」要素を入れた試験になるようです。
 さらに今の小学4年生が受ける2024年度からはコンピューター上で出題・解答する試験にして、記述の字数も増える可能性が高いようです。

つまり、今後大学入試には、記述力・論理力・高度な読解力が必要になってくるのです。
多くの方が、痛感していることですが、記述力は一朝一夕には身につきません。不断の努力が必要です。

小学生の皆さんは、日ごろから読書をしてください。中学生の皆さんは、国語だけでなく、数学、理科、社会などで記述すること・書くことを嫌がらずに勉強しましょう。