みなさん、こんにちは。WING 岩田です。

WINGでは、定期テストの2週間前から、テスト対策が始まります。

なので、現在2中学校の全学年で、テスト対策がはじまっています。
中学1年生の数学は「文字式・方程式」、中学2年生の数学では「1次方程式の利用」、中学3年生では「2次方程式の利用」となかなか難しい問題が多いですね。みなさんも頭に汗をかきながら、問題を解いてくれています。

そこで大切になってくるのが、もちろん「やり直し」ですね。ただ、赤ペンで式と答えを書いたのでは、「やり直し」にはなりません。これは毎回毎回くどくど申し上げていますし、「教師からのメッセージ」で冨田も書いていますので、次第に定着してきていると思います。

数字が変わったり、文字が変わったりすると解けなくなるのは、「やり直し」のやり方が甘い可能性があります。つまり、「やり直し」で、なぜその式になるのかを「根本的に」理解していないと、似たような問題で同じ失敗をしてしまいます。それは、どの科目でも同じです。例えば、英語でも英文法を根本的に理解して、英作文の作法に従えば、単語が変わったとしても英文は書けるはずです。

ほかの学年に先駆けて、光陵中学3年生の中間テストがあります。光陵中学3年生は、次第に勉強のコツをつかみ、勉強上手になってきています。毎日塾に来ているみなさんに、その成果があらわれることを期待しております。