夏期講習真っ只中です。
特に、中3は合否を分ける大切な夏期講習です。

「夏は受験の天王山」と言われることもあります。
しかし、夏と言っても中3本人にとってはまだまだ部活が終わって気持ちがついてこない生徒も多いです。周りの大人が思うように都合よく生徒は切り替えてくれません…
まあ、自分もそうでしたが。

それを
・ひとりひとり、具体的な進路指導を重ねる
・演習問題レベルを桑名高校レベル、桑名西レベルなど目標を作る
・ご家庭へ入試相談電話
などなど、教室環境を受験モードに変えていきます。
すると、ひとりひとり、文字通り今日はAくん、明日はBさんと、受験モードに切り替わっていきます。

この瞬間が、教師にとっては嬉しい瞬間なんです。
そんな生徒は授業中の目つきと発言が変わります。
今までなんとなく勉強していた生徒が自習室に来て「先生教えて」と聞くとやっぱりうれしい。

ただし受験モードに変わっていくタイミングは人によって様々です。
しかし、周りがひとり、またひとりと頑張っていくようになると、変化が遅い子もだんだん焦ってきます。環境の力です。

自習室もだんだん賑やかになってきました。
夏期講習後半は生徒全員が受験モードに切り替わっているのを願っています。

さて、今日も入試に向けて、全力です!