みなさん、こんにちは。WING岩田です。

私は、中学校のとき、バスケ部でした(意外かもしれませんが)。そのバスケ部の顧問はパスの技術やシュートの精度より、体力を重視する人でした。ボールを使って練習するより、校庭を走り回っていました。毎日、走り疲れて、「こんなに走ってなんになるの?」と不満ばかりでした。
 わたしが中学2年生のときでした。体育祭の100m走で、全学年でなんと!!1位を取りました。これは成岩中学校(わたしの通っていた中学校)の7不思議の1つに数えられる事件でした。
 しかし、それは驚くべきことではないと、今は思っています。毎日毎日、夜遅くまで走っていたら、いやでも体力はつき、足は速くなるのではないでしょうか。1位を取れたのは、毎日の走りこみのおかげです。しかし、当時の岩田少年は体育祭で1位を取れるなんて、考えてもみなかったでしょう。
 それは、勉強も同じです。今勉強しても期末テストでいい点を取れるかわからない、結果なんて変わらないと思っている人もいるのではないでしょうか?しかし、今やっていることは必ず、期末テストにつながっているのです。1つの単語が、ワークの問題が、プリントの1問が、あと30分のがんばりが、すべてテストの点数に直結しています。
どうか、WINGの先生を信じて、ついてきてほしい。自己ベストを出した生徒の笑顔は輝いています。確かに成績だけがすべてではない。しかし、人生・生活ががらりと変わる可能性もあるんです。
 もっとやっておけばよかった…なんて言葉は、もう言わないようにしよう!!