こんにちは。冨田です。

わたしには2人の娘がいます。

塾教師をしていると、保護者の気持ちをよく考えます。
「保護者はみんなどんな塾を望んでいるのだろう。。。自分ならどんな塾を選ぶだろう。。」と。

もちろん大前提として成績アップはそうなんですが、成績アップまでの過程ですね。
まさかカンニングをして成績アップなんて誰も望んでいないですものね。

いつもわが子を見守りながらそのことを考えています。
わたしなりの答えは、

「成長を楽しめる」です。

勉強、友人、家庭、うまくいっているときはいいんです。うまくいっていれば誰だって楽しいですから。つらいことは必ずやってきます。成果が出なかったり、なかなか思い通りにいかずイライラしたり。
その時、どんな対応をするかの積み重ねが人生だと感じています。

わたしは、つらいことを乗り越えた時の自分が好きです。
失敗しても、
9割は「やばい!」と思っていますが、
1割は「これ乗り越えたら経験値あがるな~」とわくわくしています。
たとえばダイエット。わたしは20歳のころ103キロを記録する巨漢でした。
それがイヤでイヤで、3か月で30キロ減らしました。(今思えば相当危険なダイエットでした)
それが自信の種です。「乗り越えた!」って。
それからはなんでもできる気がする。いろんなことをできるようにしたいって思います。

なんだか自慢話のようになってしまいましたが、
要は「乗り越える」ことが必ず必要で、乗り越えることができたら「成長」です。
このサイクルを受け入れることが「成長を楽しむ」ことだと考えます。
そんな子に育ってほしいし、塾生にもそう思ってほしい。だってそれが人生楽しむ秘訣ですから。

「WINGに入って、自信がついた。もっとできるようになりたい!」
という生徒の声がわたしにはいちばんうれしいのです。

そんなことを考えて、テスト対策・夏期講習全力指導します。