1学期中間テストが昨日、終了しました。

みなさんいかがでしょうか。
「やれることはすべてやりきった!」
といえるでしょうか。

そう言い切れる方もなかなかいないですよね。

学校が生徒に反省文を書かせると、
「次はもっと勉強する」「もっとがんばる」と書く生徒が大半です。

大事なのは、具体的に次に活かすこと。
学習内容も勉強の仕方も。

間違え方によって、対策は変わってきます。

間違えた原因は?
①見たことのない問題だった
→どこから出題されているか?出題元がわかれば次から漏れないよう勉強する。
→見たことのない問題なら、自分の知識でどう切り崩せば解けていたか?

②計算ミスをした
→符号ミスか、暗算ミスか。期末に向け何をこころがけて練習するか?

③解答欄間違いなどのうっかりミスをした
→自分がどんな間違いをよくして、その間違いをどうすれば防げるか
 たとえば冨田は英作文をすると、「午前に」や「昨日」など時を示す言葉がよく抜けます。
 だから、時を示す日本語にまずチェックを入れたり、先に書いてしまったりします。

失敗は失敗。その失敗を成功に変えることが大事です。