冨田です。

わたしには2人の娘がいます。
3歳と2歳です。

特に3歳の娘が今いろいろなことができるようになっている最中で。
1人でトイレに行く
1人で着替える
長文が話せるようになる

ひとつひとつの成長が毎日の楽しみであり、生きる糧とまで感じています。

実は同じことを生徒を指導していると感じます。

今まで勉強の仕方がまったくダメでやってもやっても成績が上がらなかった生徒が、
教師の叱咤激励をあびながら(笑)、自分で間違いなおし(これができていない生徒がなんと多いことか!)ができるようになり、結果自分の意志で勉強をするようになり、成績が向上する。

そんなサイクルができるようになると、娘に感じるうれしさと全く同じうれしさを感じます。

だから、塾教師は楽しく、わたしは天職だと感じているんですね。